S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

はんぽん

Author:はんぽん
NEWS・テゴマス・手越祐也・星野源・miwa
ぜーんぶが大好きな学生です!
日常のことも綴っています。
コメント・拍手、お待ちしています♪
お気軽にどうぞ♪

拍手コメのお返事は、
次のエントリーの追記のほうに
ブログネームのイニシャルで
させていただきます(*^ω^*)


仲良くしてくださいね(*´∀`)

FC2ブログランキング

「ポチっ」と
よろしくお願いします♪

マイペースな日々♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

みんなの誕生日まであと・・・

はんぽんのNEWS歴


私は、おそらく…
2007年の3月9日のMステに
出演していたNEWSを見て
ファンになったと思います!!
あの瞬間忘れられません(>ω<)
みんなキラキラしていて☆
それからたくさんNEWSを
応援するようになりました!

ということで、
はんぽんのNEWS歴は9年です♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オケ老人!」をおすすめ!!

こんにちま。
 
前回このカテゴリで書いたのが、なんと2009年8月6日!!
もう第1回目から約1年と7カ月が経ってますね(苦笑)
よろしければ第1回目も読んでいただけたらうれしいです♪ こちら!
最近また読書にハマってます!

第2回目は
「オケ老人!」著者は荒木源さん。

私は、本の感想を書くのがニガテなのですが…
私の読んできた本の中(あまり冊数はありませんが)で
上位になるほどこの本はおもしろかったです!!


主人公は中村明彦という数学教師。
梅が岡フィルハーモニー(梅フィル)に入りたかったが、
間違えて梅が岡交響楽団(梅響)に入団してしまうところから
物語が始まります。
この梅響は、なんと!!
老人たちのアマ・オーケストラ!
始めは中島も老人たちの下手な演奏に悪戦苦闘するが、
音楽を純粋に楽しむ彼らの姿勢に圧倒され成長していきます。
そして、それとは反対にこの物語には
極悪人が1人います。
その人からの物事の視点もおり込まれ、
物語は進んでいきます。


この本を手に取ったきっかけ。
ちょんまげぷりん2を読んで、前作のちょんまげぷりんにも
負けずとてもおもしろかったです。
そこでほかの作品も読んでみたい!と思い、
本に載っていた荒木源さんのプロフィールに書かれていた
「オケ老人!」を図書館で借りました。

本当にこの作品を読んで良かったです!
そして、出会えてよかったです。
オケーストラの話で、音楽についてはピアノを
少しやっていたくらいで全然分からない私でも、
音楽っていいなと思わせてくれました!
そして、仲間と四苦八苦しながら
1つの音楽を作り上げていく素晴らしさに心を打たれました。
仲間を信じる大切さも改めて学ばせていただきました。

自分の感想(?)を読み返すと言いたいことが全然伝わらない
文章になってしまいました…
でも、これだけは言いたいです!!
「ぜひ『オケ老人!』を読んでみてください!!」
きっと少し読んだだけで
この本のおもしろさにハマってしまうと思います!
そして、何かを得られると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



 みんなのために…

 1人じゃないから 私がキミを守るから 
 あなたの笑う顔が見たいと思うから
 時がなだめてく 痛みと共に流れてく
 日の光がやさしく照らしてくれる

 AI「Story」より
スポンサーサイト

「夏空に、きみと見た夢」をおすすめ!!

私が本をおすすめします笑顔☆

まず第1回目は
「夏空に、きみと見た夢」 著者は飯田雪子さんハート

この本と出会ったのは、図書館です
読書感想文用の本さとと-開いた本黄を探していたら、ちょうどそれがありました
表紙をすごく気に入って裏に書いてあるあらすじを読んで面白かったので読んでみました
読んでいると感動して泣いているときぐすん…がありました
本当に感動する本で、たくさんのことを学ぶことのできる本だと思います

あらすじは、
高校3年生の悠里は美人だけれど気の強い、いわゆるイマドキの女子高校生。
ある日の放課後、校門前で待ち伏せていた他校の見知らぬ男子高校生から
「葬式に来てくれ」と頼まれる。「広瀬天也(ひろせたかや)ってやつがいて。そいつ、きみのこと、
すごく好きだったから」と。天也って誰?勝手に好きだったって言われても――。
なんだか気味が悪かったが、悠里は成りゆきで、いやいやながらも葬儀に参列する。
しかしそれ以来、悠里のまわりで、不可思議なことが次々と起こりはじめた。
これって天也の祟り?それとも・・・・・・。ピュアでせつないラブ・ストーリー。
<これは本のうらの文章です苦笑い>

皆さんもこの夏、これを読んでいっぱい泣いて下さい!
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。